• アライドアーキテクツ&ジャンシン(匠新) 主催

    デジタルマーケティングに求められるデータ×AI

    デジタル先進国の中国から何を学ぶか?

    2019年8月20日(火)

    15:00〜17:30 (14:30受付開始)

  • 「デジタル先進国」とも言われるようになってきた中国。中国インターネット情報センター(CNNIC)が2019年2月28日に発表した「第43回中国インターネット発展状況統計報告」によると、

    • インターネット利用者:8億2,851万人(インターネット普及率:59.6%)
    • スマホなどの携帯端末によるネット利用者:8億1,698万人
    • ネットショッピング利用者:6億1,011万人(前年比14.4%増)
    • スマホなどの携帯端末によるネットショッピング利用者:5億9,191万人
    • EC小売市場スマホなどの携帯端末によるネットショッピング利用者:5億9,191万人
      (いずれも2018年12月時点)

    と、ネットショッピング利用者がインターネット利用者の約70%に当たり、そのうちスマホなどの携帯端末からネットショッピングする人が大多数を占めています。スマホとデジタルテクノロジーとの相性は非常によく、デジタルが消費マーケットを牽引し、中国国内のEC小売市場は約4兆810元(約69兆3,770円)にまで成長しています。

     

    また中国発祥の「ニューリテール(新小売)」や「OMO(Online Merge Offline)」という概念が世界的に注目され、中国のリテール業界は今や学びの対象となってきています。日本のマーケティング現場においてもそのような中国の先行事例で参考になる点が非常に多く、今回「デジタルマーケティングに求められるデータ×AI ~デジタル先進国の中国から何を学ぶか?~」のセミナーを企画いたしました。

     

    中国の先行デジタル事例から色々と学びたいと思っている方、実際に中国マーケットに取り組もうとしている方、あるいは既に中国マーケットに取り組んではいるもののもっとデジタルを活用していきたいと考えている方には非常に適したセミナーとなります。ご関心のある方はぜひご参加ください!

  • セミナー概要

    • 主催:アライドアーキテクツ株式会社、ジャンシン(匠新)
    • 日時:2019年8月20日(火) 15:00~17:30(14:30受付開始)
    • 費用:無料
    • 場所:東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階セミナールーム

  • セミナー内容詳細

    15:05-15:20

    「中国の革新的技術が日本企業のマーケティングに与える影響とは」

    アライドアーキテクツ株式会社代表取締役会長

    Vstar Japan株式会社 取締役

    中村壮秀 氏

    1997年 住友商事株式会社入社

    2000年 株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(現 東証一部上場)設立に参画

    2005年 アライドアーキテクツ株式会社 創業 代表取締役社長に就任

    2013年11月 同社 東証マザーズ上場

    2016年4月 日本企業を対象とした中国向けSNSマーケティング事業に参入

    2017年3月 中国向け動画インフルエンサーマネジメント会社「Vstar Japan」設立 取締役に就任

    2019年1月 アライドアーキテクツ株式会社 代表取締役会長に就任

    15:20-15:30

    「中国SNSを活用したマーケティング施策トレンドと最新事例」

    アライドアーキテクツ株式会社グローバル事業部 部長

    Vstar Japan株式会社 代表取締役

    番匠達也 氏

    2011年にアライドアーキテクツ入社後、自社サービスであるモニプラファンブログの拡販に従事し,最年少でマネージャーに昇格。2015年より、中華圏に向けた越境EC・インバウンド関連の事業部の立ち上げを行い、様々な業種の日本企業50社超の中国向けプロモーション支援を行う。

    2018年4月よりアライドアーキテクツの関連会社である、日本人クリエイターの中国進出支援を行うVstar Japan株式会社の代表取締役に就任。

    15:30-15:55

    「流通のAI化とマーケティングの変化」

    一般社団法人リテールAI研究会 代表理事

    田中雄策 氏

    1955年9月生 株式会社電通で六本木ミッドタウン、日本橋など複合都市開発を手がける。

    2016年4月 株式会社Remmo創立

    2017年5月 一般社団法人リテールAI研究会立上げ

    15:55~16:05

    10分休憩


       

    16:05-16:30

    「アフターデジタル時代における、顧客体験を高めるテクノロジーとは」

    リテールイノベーションコンソーシアム 運営委員

    竹井慎平 氏

    1987年兵庫県生まれ。京都大学卒業後、2010年に博報堂入社。テーマビジネス開発局にて新しい広告手法の開発に携わる。製薬会社やテーマパーク、ショッピングモール、自動車など幅広いマーケティング支援に携わる。2015年にエスキュービズム入社。企業ブランディングを中心にPR、製品マーケティング、製品デザイン、プロモーションなどを担当。クライアントに対しては、テクノロジーを活用した、データ×エンゲージメント×タッチポイントによる行動変容モデルを提唱し、コミュニケーション設計支援を行っている。

    16:30-16:55

    「中国の双創(イノベーションとスタートアップ)の状況と日中の新たなビジネス連携」

    ジャンシン(匠新) CEO

    ジャンシン・ジャパン株式会社 代表取締役社長

    田中年一 氏

    日中でのスタートアップおよびイノベーションの連携を推進する唯一のアクセラレーター「匠新(ジャンシン)」の創業者。2015年に上海で匠新を立ち上げ、2018年には深センと東京にも拠点を設立。また中国で最も国際的なアクセラレーター「XNode」のマネージングディレクターも兼務。2013年の独立以前はデロイトトーマツ東京オフィスおよび上海オフィスにてM&Aや投資コンサル、ベンチャー支援、IPO支援、上場企業監査等の業務に従事。新卒ではHewlett Packardでエンジニア職に就き、ITのバックグランドも有する。

    東京大学工学部航空宇宙工学科卒、米国公認会計士、中国公認会計士科目合格(会計、税務)。
    現在日経クロストレンドで
    中国テックジャイアント「BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)」の記事を連載中。

    16:55

    質疑応答


       

  • 皆様のご参加、お待ちしております!

所有文章
×